青森県営 浅虫水族館ホーム

硬骨魚類(毒をもつ生き物)

オニオコゼ(カサゴ目オニオコゼ科)
オニオコゼ
一般にオコゼと呼ばれ、よく知られた毒魚です。青森県では日本海沿岸や津軽海峡沿岸などで見られます。
背ビレ・腹ビレ・尻ビレのトゲに強力な蛋白毒があり、刺されると激しく痛み医療機関での治療が必要となります。浅い磯から水深200mくらいの砂泥底に生息し、あまり活発には泳がず岩の表面や海底でじっとして居ることが多いため、海水浴時などに気づかずに踏んだり触れたりして被害に遭うことがあります。
ハオコゼ(カサゴ目ハオコゼ科)
img_danger_04
主に本州中部以南で見られる小型の魚で、成長しても全長10cm程にしかなりません。
なかなか可愛らしい魚なので展示用に浅虫周辺で採集することもありますが、オニオコゼほど強烈ではないにしろ背ビレ・尻ビレなどに毒トゲがあり、刺されると激しく痛みます。
ちなみに日本動物園水族館協会調べによると、水族館職員の飼育動物による被害は本種によるものが一番多いんだそうで。実際にうちの職員でも、採集に協力してくれた漁師さんに毒トゲや取り扱い方を説明しているうちに刺されちゃったという困った話もあります。
ページトップへ