青森県営 浅虫水族館ホーム

希少淡水魚

青森県には、四季折々の豊かな自然があり、そこにはさまざまな生き物たちが生息しています。しかし、農地や森林が減ったり、環境が汚染されたりなどの自然環境破壊がすすみ、青森県内に生息している野生生物(特に閉鎖的な淡水域に住むメダカやトゲウオなどの魚類、ニホンザリガニ、ゲンゴロウなどの水生生物)たちは、その生きる場所を次々となくしています。また、ブラックバス等の大型外来魚の密放流がこの動きを更に加速しています。
このままでは、昔から私達の身近にいた小さな在来種たちは、そう遠くない将来に絶滅の危機に瀕するであろうと考えられます。
浅虫水族館では、希少になってしまった生物たちの解説や展示をしています。

マップをPDF形式でダウンロード
ページトップへ