青森県営 浅虫水族館ホーム 英語特設ページ

クロマグロ展示水槽 (いるか館)

青森県の豊富な水産物の中でもダントツの知名度を誇る「大間のマグロ」。毎年初競りの値段がニュースになるほど、日本人はマグロが大好きです。しかし、美味しいマグロをいつまでも食べるためには、自然にあるマグロを獲りすぎないようにしなくてはなりません。そこで研究されているのが、養殖でマグロを育てる技術です。
浅虫水族館では、日本水産株式会社(ニッスイ)様からの提供により、完全養殖で育てられたクロマグロの赤ちゃんを国内の水族館で初めて展示しています。小さなマグロの赤ちゃんが大きくなっていく様子をぜひご覧ください。
(完全養殖…養殖で育った魚を親として、その卵も人工で孵化させ養殖で育てること)

クロマグロの様子については、展示生物情報をごらんください。

※マグロの赤ちゃんは非常にデリケートです。ご観覧の際はフラッシュ撮影や水槽を叩く行為はしないようお願いいたします。

マップをPDF形式でダウンロード
ページトップへ
Translate»