青森県営 浅虫水族館ホーム

熱帯魚はいろんな色があるけれど、 北の魚は皆同じような色。なぜ?

熱帯の魚

熱帯魚にいろんな色があるのは、美しく見せるというより生き残っていくために必要なことなのです。
淡い緑、青、白色で広い海でのカムフラージュとしている種類もあれば、サンゴ礁の華やかな色彩の中で鮮やかな赤や黄で体を隠しているものもあります。
斑点、縞、まだら模様などは、魚の輪郭をきれぎれにして外敵の目を混乱させます。
また、色によってその魚の縄張りを示したり、繁殖の準備ができている信号を示している場合もあります。

 

それに比べて北の魚が地味なのは、北の海の色が地味なことによると思われますが、水面近くを泳ぐもののなかには、背中の色が濃く、腹側が明るい色になっているもの(カウンター・シェーディング)が結構います。これは、上からの光が背を明るく照らし、下側を陰にするため、魚の奥行きが感じられなくなり周囲の水にまぎれて姿が消えてしまうというものです。

ページトップへ