青森県営 浅虫水族館ホーム

青森県初!「ショウワアメフラシ」の展示を始めました

2016.10.4 - [ 展示生物情報 ]

ショウワアメフラシは10月16日で展示を終了しました。

 

青森県での発見は初めてで、日本国内の水族館でも展示例は数件しかない大変貴重な生き物です。

 

実はこのアメフラシ、東北大学浅虫海洋生物学教育研究センターより頂いたものなんです。

同研究センターで実習中の学生が、潮溜りにかわいらしいアメフラシを見つけました。

持ち帰って飼育したところ、なんと・・・泳いだ!!

「これは珍しい!」とのことで種を調べてみたところ・・・非常に珍しいことがわかったんです。

この貴重な生き物を沢山の人に見てもらいたいとの配慮で当館での展示となりました。

ちなみに、青森県でこのアメフラシが見つかったのは初めてだそうです。

名称は「ショウワアメフラシ」

ショウワって・・・

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%af%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%ad%a3%e9%9d%a2

 

ショウワアメフラシについて

1949年に神奈川県葉山で漁師が発見したこの生き物は、海洋生物を研究されていた昭和天皇のために皇居へ持ち込まれました。

その後、2003年に約50年ぶりに駿河湾でこの生物が多数発見されたことにより、

最初に発見された個体を昭和天皇に献上したことにちなみ「ショウワアメフラシ」という和名が付けられました。

背中に翼足と呼ばれるひだがあり、そのひだを使って水中を泳いで移動するのが特徴です。

(普通アメフラシは泳いで移動しません。)

泳ぐ!? ショウワアメフラシの動画はこちら

このショウワアメフラシの仲間は主にオーストラリアやニュージーランドなどに生息しており、日本で発見されるのは珍しい生き物とされています。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%af%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a8%aa大変珍しい「ショウワアメフラシ」を是非ご覧下さい。

ページトップへ