青森県営 浅虫水族館ホーム

オオウナギ展示開始

2017.5.2 - [ 展示生物情報 ]

今月より2階タッチコーナー手前、大型熱帯魚の水槽でオオウナギの展示を開始しました!

オオウナギは主に太平洋、インド洋の熱帯・亜熱帯の河川や湖沼で暮らしている魚で、

ウナギの仲間では最も広く世界に分布しています。

 

日本では琉球列島など南の地域に暮らしていますが、

時には千葉県あたりで見つかることもあるようです。

 

今回展示したオオウナギは、当館のスタッフが奄美大島に行ったときに採集したもので、

これまでバックヤードで飼育していましたが、このたび晴れて展示デビューとなりました。

 

水槽に入れてすぐは他の魚とけんかをするか心配でしたが、何とか仲良くしてくれています!

 

オオウナギの名前の通り大きいものでは2mを超え、

一般的なウナギと比べるとその大きさがよくわかります。

 

一部の地域ではよく食べるそうですが、

こんなに大きければたくさん「うな重」ができそうですね(^o^)

 

当館では1階「青森県の希少淡水魚コーナー」でニホンウナギの展示を行っていますので是非見比べてみてください!

 

*展示生物の状態によって展示を中止する場合がございます。

ページトップへ