青森県営 浅虫水族館ホーム

【寿命があとわずか!?ハナオコゼ展示開始】

2017.8.26 - [ 展示生物情報 ]

トンネル水槽を抜けてすぐのこちらの水槽にハナオコゼを展示しました。

 

 

どんな魚かというと、、

 

 

カエルアンコウの仲間で、こんな魚です。

魚にしてはずんぐりしているし、フサフサもしているし、摩訶不思議な形をしています。

ちなみに、左側を向いています。

 

 

 

 

 

 

これは後ろから見た姿

 

 

 

自然界では流れ藻などに寄り添って生活していることが多く、

このような体は海藻に溶け込み、敵から見つかりにくくなっていると同時にエサとなる小動物からも気づかれにくくなっています。

 

 

ハナオコゼは日本各地に分布しています。寿命が短く、約1年とされています。

全長14㎝ほどになるのですが、この個体はすでに大人の大きさにまでなっているので、

あと数か月ほどの展示になってしまうかもしれません。

 

 

近くで見てみるとなかなかユーモラスな顔つきもしていて大変興味深い魚です。

ぜひこの機会にご覧になってみてはいかがでしょうか(^O^)

 

ページトップへ