青森県営 浅虫水族館ホーム

飼育員の意外なお仕事その2

2018.3.30 - [ スタッフブログ ]

最近、浅虫水族館のバックヤードには大量に積み上げられた袋が置いてあります。

実はこれ水槽の底に敷くための砂なんです。

とある水槽のリニューアルのために購入したのですが、このまま水槽にドボンと入れるわけにはいきません。

砂の中には細かいゴミや汚れがたっぷり残っているからです。

そんな砂を洗わずに水槽に入れると、水がにごり、泥まみれの水中世界を皆さんにお届けすることになります。

というわけで最近ではこれらの砂を毎日のように洗う作業に追われています。

こういう作業も飼育員の大事な仕事なんですね。

洗い始めがこちらの写真。

なんか黒いゴミとか細かい泥でかなり汚いです。

10~15回洗ったものがこちらです。

なんということでしょう!あんなに汚かった砂がこんなにキレイに!

砂を洗うのは結構大変ですが、よりすばらしい展示を皆様にお届けするためにがんばっております^^

 

ページトップへ