青森県営 浅虫水族館ホーム

35周年を振り返ろう⑤

2018.5.15 - [ スタッフブログ ]

1997年に初めてお正月の浅虫水族館名物「ホタテのヨットレース」が開催されました。

 

 

これはホタテガイを模型のヨットに付けて泳がせ、着順を競うというユニークなレースで

 

「ホタテガイが泳ぐところを子供たちにおもしろく見せたい」

 

という発想から生まれました。

天敵のヒトデのエキスを垂らし、ホタテが逃げる力でヨットを進めるのですが

ホタテガイは前後左右どこでも動くのでなかなか思い通りに行きません。

 

当初は子供たちを対象に考えたレースでしたが、むしろ大人の関心のほうが高く

昔も今も大好評!

今年のお正月も盛り上がりましたよ(*^_^*)!

 

 

 

ページトップへ