青森県営 浅虫水族館ホーム

オニオコゼっておいしいの?

2018.6.17 - [ スタッフブログ ]

先日青森県十三湖で釣りをしていた時のこと。

一番の狙いはシーバス(スズキ)を釣ることだったのですが、全く釣れず。

もうちょっとで帰ろうとしたとき、ググッと大きなひきが!

ついに来た!とおもいきや釣れたのは何やら不気味なビジュアルの魚!

「なんじゃこりゃ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/」

と焦って調べてみると、「オニオコゼ」という高級魚でした!

 

オニオコゼは高級魚ですが、背びれに超猛毒があるので調理には注意が必要です。

まずは背びれを切ってから調理をしましょう。

 

捌いてみると身はとてもきれいな白身!今回は贅沢に尾頭付きのお刺身にしていただきました^^

 

食べみると・・・超絶美味!弾力のある肉厚な身はうまみが非常に強く、見た目からは想像もできない衝撃的なうまさ!

(※個人の感想です)

高級食材と呼ばれるのも納得ですね。

ちなみに胃や肝も食べれるらしく おいしくいただきました。

 

人も魚も見た目で判断しちゃダメですね。

オニオコゼはトンネル水槽ぬけてすぐ、ミノカサゴなど温帯の魚と一緒に展示しております。 底にじっとしていることが多いのでぜひ探してみてくださいね。

ページトップへ