青森県営 浅虫水族館ホーム

35周年記念「いのちを燃やす生き物」開催

2018.6.8 - [ お知らせ / イベント情報 ]

浅虫水族館は平成30年7月23日に開館35周年を迎えます。
35周年のテーマである「いのちを感じる場所」にちなみ、生物の「死」をテーマに命をかけて子孫を残し、その後死んでしまう生物にスポットを当ててご紹介します。
特別展示としてシロウオの展示を行う他、館内で展示している生き物たちの中から「いのちを燃やす生き物」をピックアップし、その生態についてのクイズラリーを行います。

【開催期間】

6月9日(土)~8月19日(日)

【展示生物】

シロウオ
北海道南部から鹿児島までの日本各地に生息しており、春になると、水がきれいで伏流水の豊かな川の下流域へ産卵のために上ってきます。雌は産卵後命を落とし、雄は2週間以上にわたって卵が孵化するまで守り続け、卵が孵化したのち数日後、雄もその生命を落とします。

 

【クイズラリー】

いのちを燃やす生き物達について、クイズに挑戦!クイズを解いて、生物について楽しく学んでみませんか?

<参加方法>

  • 浅虫水族館1階トンネル水槽横に展示される「35周年水槽」に備え付けられたクイズラリー解答用紙をお持ちください。
    1日の参加者数に限りがございます。終了の際はご了承ください)
  • 館内の展示をヒントにクイズの答えを解答用紙に書き込んでください。
  • 解き終えたらタッチコーナーで答え合わせをしてみてください。(記念品のプレゼントは行いません)