青森県営 浅虫水族館ホーム

【展示終了】猛毒危険「カギノテクラゲ」展示開始

2018.8.14 - [ 展示生物情報 ]

1階の小窓水槽に「カギノテクラゲ」を展示しました。

体は小さいですが、かなり強い毒をもっています。

アマモやホンダワラにくっついて擬態しているため、海水浴のときなどはご注意下さい!

そんな「カギノテクラゲ」ですが、実は緑色蛍光タンパク質(GFP)をもっており、傘のふちが緑色に光ります。

とっても綺麗なので、普段は見られない光っている姿、水族館に見に来て下さいね~

 

ページトップへ