青森県営 浅虫水族館ホーム

ハロウィン水槽

2018.10.18 - [ お知らせ ]

10月31日はハロウィンです。
おばけやカボチャの飾りで賑わい出す季節ですね。
浅虫水族館では、この季節にちなんだ水槽を展示しています。

☆ハロウィン水槽

【展示期間】平成30105日(金)~1031日(水)

【展示生物】

タコクラゲ8本の腕をもつその姿から名前がつけられました。
水玉模様の可愛らしい姿で、水族館の展示でも人気があるクラゲです。
ハロウィンのおばけにちなんだ展示になります。

その他、以下の水槽がハロウィンにちなんだディスプレイとなります。

・両生類コーナー(カエル、サンショウウオ他)

アクアテラリウムが、秋のディスプレイに変化しています。
ディスプレイの影に隠れ紛れているカエルやサンショウウオたち。
よ~く目を凝らして探してみてください。

・タツノオトシゴ

水槽の中に入れた蜘蛛の巣のディスプレイにタツノオトシゴが尾を巻き付けている姿が見られます。
タツノオトシゴはくるりと巻かれた尾を水草などに絡みつけて身を隠す習性があります。

・オオカミウオ(幼魚)

浅虫水族館生まれのオオカミウオの幼魚は、
普段隠れている擬岩の周りがハロウィンのディスプレイに飾られています。
同じく飾られたお隣のクリオネ水槽にも注目です。

・ピラニア水槽

ピラニア水槽の中には、骸骨のディスプレイが…?
獰猛な肉食魚のイメージを持たれがちなピラニアですが、
実はとても臆病で、人を襲うことはめったにないのでご安心を。

ページトップへ