青森県営 浅虫水族館ホーム

新展示!毒をもつ生き物

2019.1.28 - [ 展示生物情報 ]

1階海の生き物コーナーに新しく、毒を持つ危険な生き物の展示を始めました!

 

この水槽には「触って危険」、「食べて危険」な生き物がいます。

 

まずは各鰭の棘に猛毒がある「ミノカサゴ」。

派手な姿はいかにも危険な雰囲気を出しています。

 

続いて、「オニダルマオコゼ」と「オニオコゼ」。

2種類とも背びれの棘に猛毒があります。どちらも実は美味しい高級魚としても知られています。

 

そして、かわいい姿の「コクテンフグ」。

フグの仲間は部分的に毒を持つ種が多いですが、コクテンフグは内臓、筋肉に毒があるため、食べることはできません。

 

最後は「ソウシハギ」。

昨年、カワハギと間違われて販売されたことでも話題になりました。内臓に猛毒がある魚です。

 

皆さんも海で出会ったら気を付けてくださいね!

 

 

 

ページトップへ