青森県営 浅虫水族館ホーム

ヨウジウオの赤ちゃん誕生!

2019.7.6 - [ スタッフブログ ]

先日、青森の海コーナーにある「かくれんぼ名人な生き物水槽」でなにやら細いものがうようよ泳いでました。

拾ってよく観察するとヨウジウオの赤ちゃんでした!

ヨウジウオの親がこちらです。

細長い体をしていて、アマモが生えている場所や流れ藻の周りに隠れて生活しています。

ヨウジウオはタツノオトシゴの仲間で主に海草の周りに暮らす小さな生き物やプランクトンを食べています。

写真は「ヒメタツ」との2ショット。

こうしてみると細長い口あたりが似てますね!

タツノオトシゴの仲間はメスが産んだ卵をオスがお腹にある育児嚢(いくじのう)と呼ばれる袋で守り、出産する面白い魚です。

稚魚はまだ小さくデリケートなため、現在は裏で飼育していますが少し大きくなったら展示する予定ですのでもうしばらくお待ちください。

ページトップへ
Translate »