青森県営 浅虫水族館ホーム 英語特設ページ 大事なお知らせ

「ゆき」が引っ越します。

2019.10.18 - [ スタッフブログ ]

展示生物情報にもありましたが、ゴマフアザラシの「ゆき」が神奈川県の「京急油壺マリンパーク」へ引っ越すことになりました。

「ゆき」は2010年に青森市内の海岸で保護したアザラシです。当時0歳で、母親からはぐれたのか、衰弱した状態で発見されました。

保護した時の体重は12.9kgと、かなり痩せていました。「ゆき」という名前になったのは、他のアザラシよりも色白に見えたことから、「雪(ゆき)のように白いアザラシ」というのが由来になっています。

 

それから6年が経ち、今では体重は62.8kgになりました。

いつもガラス越しに遊んでくれるので、お客様にはとても可愛がってもらっています。

6歳になった「ゆき」はすっかりオトナのアザラシになりました。アザラシで6歳というと、もう繁殖をはじめてもいい年齢です。

 

 

現在浅虫水族館では「ゆき」を含めた4頭のゴマフアザラシを飼育しています。

既に繁殖を行っているアザラシがいるので、今後「ゆき」も繁殖をしていく可能性があることを考えると、他の水族館に引っ越しをする方が良いのではないか、とスタッフ全員で話し合いをしました。

 

今まで「ゆき」を大切にしてくださった皆様の元を離れてしまうのは、とても寂しく思います。ですが、これからのことを考えると、今の時期にお引越しをした方がいいという結論になりました。

 

 

海獣館のゴマフアザラシプールの前に、飼育員が撮影した「ゆき」の写真で作成したキーホルダーのガチャガチャを設置しました。

また、売店にも「ゆき」のグッズも販売されていますので、ぜひ手に取って頂ければと思います。

あと2週間ほどの短い期間にはなってしまいますが、スタッフも準備を進めて行きます。

ぜひ「ゆき」に会いに来てくださいね!!

ページトップへ
Translate »