青森県営 浅虫水族館ホーム 英語特設ページ 大事なお知らせ

飼育員VSサクラマス!

2020.2.26 - [ スタッフブログ ]

突然ですがプライベートで釣りをしてたら軽い凍傷になりました。英語ではfrostbiteと言うそうです。昨日英会話の先生から教わりましたができれば使いたくない単語ですね笑

指先が凍えるまでして釣りたかったターゲットは極寒の津軽海峡に現れます。

その魚の名は「サクラマス」

なかなか釣れないので幻の魚と呼ばれることもあります。銀色がきれいですね~。実はサケの仲間でめちゃくちゃ美味しい魚なんです♡

ちょうど冬の間、津軽海峡で越冬するのでこの時期は船で居場所を探ります。魚を食べる肉食魚なので餌は魚を模したルアー(疑似餌)を使います。

この日は最高気温マイナス1℃。凍てつく中、挑んだ結果は・・・

惨敗><!

いいサイズですがマサバばかりでやはりそう簡単には釣れませんでしたーー;。

ただ、ほかのお客さんで3キロクラスのサクラマスを釣りあげている人もいたので次回はリベンジを果たしたいと思います!

みなさんも完全防寒をして津軽海峡のサクラマスに挑んではどうでしょうか^^

くれぐれも指先が開いてる手袋では行かないように。笑

そんな釣り人のあこがれ「サクラマス」を1階ハタハタ水槽で現在展示中です!

私はこの水槽の前に立つと釣り糸を垂らしたくなります笑

ぜひご覧ください!

ページトップへ
Translate »