青森県営 浅虫水族館ホーム 英語特設ページ 大事なお知らせ

青森の両生類、コンプリート!

2021.5.19 - [ スタッフブログ ]

現在1階両生類コーナーでは青森県で見られるカエルやサンショウウオの仲間13種(外来種のウシガエルを除く)をご覧いただけます。

昨年も一度全種をコンプリートしましたが、残念ながらシュレーゲルアオガエルが死んでしまい、その後しばらく見つけることができませんでした。

両生類は森や林などに暮らしている種が多く、繁殖期に水辺に集まるとき以外は基本的に隠れて暮らしています。

そのため繁殖期を逃すと、見つける難易度はぐんと上がります。

昨年はシュレーゲルアオガエルのいい繁殖地を見つけることができませんでしたが、今年はたくさん集まる場所を見つけられました♪

展示中のシュレーゲルアオガエル。緑色の体に黄色い目が特徴のきれいなカエルです(^^

その他展示中の両生類はこちら!

アズマヒキガエル。林などに暮らしており、県内のカエルの中ではもっとも大型になります。

ニホンアマガエル。庭などでも見られるおなじみの小さなカエルです。

トノサマガエル。田んぼや池などに多いカエルです。

ツチガエル。体にいぼがあるので「イボガエル」とも呼ばれており、田んぼや山間部で見られます。

ヤマアカガエル。山間部に多い体色が赤みがかったカエルです。

カジカガエル。渓流に住む地味な色のカエルですが、日本ではトップクラスの美声で鳴くカエルです。

タゴガエル。ヤマアカガエルに似ていますが、やや小ぶりで喉元が黒いのが特徴です。渓流沿いの森に暮らしています。

モリアオガエル。標高の高い山地に暮らす種ですが、青森市内では田んぼなどでも見られます。

アカハライモリ。名前の通りお腹に赤い模様があります。山間部の池に多い種です。

トウホクサンショウウオ。名前の通り東北地方の山間部に暮らしています。

キタオウシュウサンショウウオ。つい最近ハコネサンショウウオから分かれた種です。幼生は渓流沿いの小さな川で見られますが、大人はなかなか見つかりません。

クロサンショウウオ。八甲田山などの高山にも暮らしています。トウホクサンショウウオと似ていますが、卵の形や産卵場所が異なります。

皆さんのお気に入りはどの子ですか?^^

これからはこの13種の安定した展示を目指して、餌や飼育環境などを工夫していきたいと思います。

それぞれ違う魅力がありますのでぜひお楽しみください!

ページトップへ
Translate »