青森県営 浅虫水族館ホーム 英語特設ページ 大事なお知らせ

アザラシとオットセイ

2021.11.12 - [ スタッフブログ ]

皆さんこんにちは!

海獣館にいるアザラシとオットセイ、

どちらも寒い場所に住んでいるのに、見た感じのシルエットが違うことに

疑問を持つお客様はいらっしゃいませんか?

どちらも同じような環境に住んでいるのに、どうしてこうもシルエットが違うのか、

担当の飼育員さんに聞いてみました!

浅虫水族館にはゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、キタオットセイがいます。

ゴマフアザラシもゼニガタアザラシも楕円形でまるっこいシルエットをしていますよね、

それに比べてキタオットセイは細身でシュッとしています。

このシルエットの違いは、実は「体温を維持するための方法が違うから」

なのだそうです。

ゴマフアザラシやゼニガタアザラシは体温を「脂肪」で維持するのに対して、

キタオットセイは「毛の間に空気を溜めて」体温を維持するのだそうです。

同じような環境でも体温の維持の仕方で見た目が変わるなんて、

生き物ってフォルムに無駄が無く、情報の宝庫って感じで魅力的ですよね!

今後も生き物の魅力を発信していきます!

ページトップへ
Translate »