WHAT'S NEW

ホーム > 最新情報 > 展示生物情報 > スルメイカの展示

スルメイカの展示

2022.07.21 [展示生物情報]

展示期間:7月21日(木)~8月下旬
この季節、漁火漁で主に漁獲されるスルメイカを展示いたします。
6~11月にかけて獲れ、青森県や北海道などでは「マイカ」と呼ばれ親しまれています。寿命は約1年で、外套の長さは約30cm程に成長します。興奮状態になると、透き通るような白から赤みがかった褐色へと体色が変化します。

スルメイカは水族館での飼育が難しく、泳ぐ姿を見る機会は少ないですが、浅虫水族館は毎年夏に展示を行い、今年で37年目となります。泳ぐ姿は涼しげで、この季節にはぴったりです。季節限定の展示を、ぜひご覧ください。